文字の大きさ

認定眼鏡士の資格取得について

認定眼鏡士になるために

3年制以上の眼鏡学校卒業生

2年制通信課程修了者

※ 眼鏡学校協会の定めにより、平成16年度より開始された、S級認定眼鏡士資格取得のための2年制通信課程の受講資格は高校卒業生またはそれと同等以上の能力を有する者であることと同時に、既に眼鏡業務に従事していることを必要とする。

認定対象の眼鏡学校一覧

名称 所在地 教育年限 ホームページ
東京眼鏡専門学校
(旧称/東京オプトメトリック・カレッジ)
東京 3年
(旧2年制有り)
ホームページ
キクチ眼鏡専門学校 愛知 4年 ホームページ
日本眼鏡技術専門学校 大阪 3年
(旧2年制有り)
ホームページ
ワールドオプティカルカレッジ 岡山 3年 ホームページ
近江時計眼鏡宝飾専門学校 滋賀 3年
(旧2年制有り)
ホームページ

海外の眼鏡学校については、お問い合わせください。

独学で勉強し認定眼鏡士を目指す

平成19年4月1日以降は、認定眼鏡士の対象は原則として3年制以上の眼鏡学校卒業生のみとしていますが、公益社団法人日本眼鏡技術者協会は一般の眼鏡技術者に認定眼鏡士への道を開くため、年1回SS級の認定試験を行っています。

協会が実施する認定眼鏡士試験の受験資格

@ 高校卒業後5年以上の実務経験を有するもの
A 短大卒業後3年以上の実務経験を有するもの
B 大学卒業後1年以上の実務経験を有するもの
C S級認定眼鏡士

開催場所 東京、名古屋、大阪、岡山各眼鏡学校の4会場。
但し、一次試験は希望者が40人を超える場合、その地域で開催可。
開催予定時期 毎年8月頃に1回開催
試験内容 学科試験 学科(医学系、光学系、視機能系、加工調整系、マネジメント系の5科目において、3年制修了レベルの出題により行う)
実技試験 実技(加工調整、視力測定、フィッティングの3科目)

資格は申請しなければ取得できません

眼鏡学校を卒業しながら未だ認定登録をしていない技術者の方は、手続きをして下さい。

認定眼鏡士の有効期限

登録の有効期限は登録年の4月1日から起算した3年間です。
通常の登録申請の受付期間は、毎年12月1日から翌年1月31日までの2ヶ月間です。

生涯教育の受講が義務づけられます

認定眼鏡士は、3年間に3回以上の生涯教育を受講しなければ、登録停止となり、追加講習で補充できなければ更新できなくなり資格を失効します。
生涯教育は、学科講習、実技講習など協会主催のものや、各地の眼鏡学校主催のオープンセミナー、そのほか認定眼鏡士制度制定委員会が指定する講習会や学会などがあります。
協会からの案内や当ホームページにご注意ください。