文字の大きさ

生涯教育情報

はじめに

 宅配便ドライバーの不足が話題になっていますが、その要因のひとつがインターネットなどによる物販の増加といわれています。
 これが、地方商店街の衰退にも影響していると思われるのですが、私たちの眼鏡調整は、お客様と対面して、ひとりひとりに合わせていくことが必要であり、いろいろなケースに適切に対応していくためには、しっかりとした知識と技術が土台となります。
          ●
 今年の生涯教育の1時間半の講習は、一昨年、昨年に引き続き、視機能検査の実施法その3で、近業の問題への対応です。どのような観点からそのお客様の作業と視機能を合わせて分析し対応していくかを、デスクトップ型のコンピュータ−作業を例にあげて解説します。
          ●
 1時間の技術者協会が用意した眼科学は、目薬のお話しです。眼科で診断において使用されたり、処方されるさまざまな種類の点眼薬についての知識をできるだけわかりやすく解説します。私たち眼鏡技術者が、点眼薬について正しい知識を持つことにより、眼科医の医療行為の妨げにならないで、サポートとなるようにお客様とお話ようになることは、大切だと思います。
          ●
最後の30分は、ハイカーブフレームに対応するための知識を、レンズメーカー、加工機メーカーの現場の声を集め、解説していきます。
          ●
 今年は、これらの生涯教育を、講習会場ではなく、特別に時間を設けて執筆者が講義したものを、わかりやすく編集して’DVD’にします。これを使っての通信教育では、聞く人のスピードに合わせて繰り返し学ぶことができます。
 今年も、実技講習ではそれぞれの先生方から、少人数でレベルに合わせて具体的な指導を受けることができます。累進のフィッティングや屈折測定の基礎、両眼視などレベルやニーズに合わせて受講して下さい。
 眼鏡学校や学会などのセミナー、眼鏡学校のeラーニングの講座でも学ぶことができます。なんとか機会を設けて継続して勉強し、少しでも向上するよう研鑽を重ねてください。

教育部長  木方 伸一郎

生涯教育(座学・実技講習)受講と申し込みについて

●受講の地区は、所属支部にかかわらず自由に選択できます。

●生涯教育(座学)と実技講習の双方を受講することも可能ですし、どちらか一方でもかまいません。
また、内容の異なる実技講習を複数受講すれば、それぞれ1ポイントになります。

●所定の申込書に必要な事項をご記入の上、開催日1ヶ月前頃に受講を希望する地区の支部へ、お申し込み下さい。受講証はその支部からお受け取り下さい。

●申込書には、協会会員番号又は認定登録番号を忘れないようご記入下さい。

●当日ご欠席の場合、前納した受講料は返却出来ません。

●大阪支部、島根鳥取支部の生涯教育・実技講習は、日程表から直接受講申し込みができます。
日程表のページから是非ご利用ください。

受講料

生涯教育(座学・実技) 通信講座
当協会会員 5,000円 7,000円
会員以外の認定眼鏡士 13,000円 15,000円

※テキスト代金を含みます
※主催支部により金額が異なる場合があります
※通信講座とは、日程等の都合により生涯教育講習会の現地に行かれない方のための講習会受講手段です。内容は、毎年の「生涯教育講習会」をビデオ撮りしたものです。